まる&にゃんとの毎日 ちぃちゃんとばあちゃんも

まる&にゃんの飼い主の頭と心と生活を整理。四角い頭をまるくしたいブログ いろいろ覚書

2代目テプラ

20年以上使った初代テプラから、


2代目テプラへ代替わり



やっぱり猫に箱




なんだけど



ちぃちゃんが箱に入るの初めてかも・・・



実物箱猫 箱ちぃちゃん

感動のかわゆさだわ💕


買ってよかった、2代目テプラ\( ˆoˆ )/

良かった、割れてなかった!!

金曜日夕方7時


ばあちゃん外泊帰宅してるのに特養の相談員さんから電話がかかってきて、「実は・・・」「話が長くなるんですけど・・・」「今時間は大丈夫でしょうか?」となかなか話を切り出さない。


あんよちゃんを早々に切り上げ、
ばあちゃんの晩御飯の手作り弁当をお願いして、
出来るの待っている間にまる散歩して、
急いで帰ってばあちゃんに晩御飯弁当を食べさせんといけんのに、、、


「すいません、すぱっと用件を言って下さい。」とイラっと言ったのに


くどくど回りくどく話を始め・・・



母が帰宅した後、居室の掃除・シーツ交換をしている時に掛け時計を落としてガラスを割ってしまった。修理をさせて頂きたい。


という内容でした。



話を聞く方に苛々して「故意にやったことではないし、私もしっかり取り付けていなかったのでこちらの責任もある。」と早々に電話を切りました。



電話でなかなか用件を言い出さない、これには相当イラっとするまる飼い主です。





それはそれで、日にちが変わって
土曜日夕方4時


ばあちゃんとソフトクリームを食べに行こうと玄関を出て、ばあちゃんを壁につたい立ちをさせたまま一瞬向きを変えてオートロックの金属ドアを開けた瞬間、
後ろで



バターン何かが割れるような音がして振り返ると、ばあちゃんが大の字で転倒していました。
「頭、割れたな!!!!」と本気で思いました。


しばらくゆっくりして、一息いれて、
起こして、
うちに入り、ソフトクリームは諦め
ベッドで1時間くらい横になって


ベッドから起き上がり、
同じように玄関から介助のつたい歩きで車まで行き、
医療センターの救急へ連れて行きました。


何があったか説明しようにも、
転倒の瞬間だけを見ていなくて、
「割れたな!」っていう大きい鈍い音だけを聞いて、


ただ、ばあちゃんの反応もその後の動作も変わりなく


ちゃんとベッドから起き上がり、
ちゃんと歩いて玄関から車へ行ったし、
トイレも行けたし、
動作的には変わりない。


本人は何の訴えもないし、


左肘のかすかな擦り傷と後頭部のかすかな赤みだけという・・・


で、CT検査結果も全く問題なしで・・・


ただし後々症状が出てくるかもしれないので暫く様子の変化に注意が必要とのことでしたが、



結局、ばあちゃんが打ち身を痛がるわけでもなく


(健康保険証・診察券を特養に預けていて)保険証なしだったので10割で診察料¥27,070-を支払った飼い主の懐のほうが痛かった。
財布の中には、ギリギリ¥29,000あってよかった。


診察券再発行料¥110までとられた。


日曜日午前10時
ばあちゃんを特養へ送っていくと、スタッフさんが
「時計は本当に申し訳ありませんでした。」と平謝り、なんだけど


「時計のカバーが割れるくらい何の大したことでもない、昨日はばあちゃんがコンクリートの上に転倒して頭が割れたかと思ったけど、とりあえず何ともなくて、時計のカバーはばあちゃんの身代わりに割れたと思えば有難いことだ。」


と、あったことを報告。


ですが、事務所が日曜で閉まっているのでまた後日平日に健康保険証を預かって医療センターに精算してもらいに行かないと行けません。



あーーー、めんどくさーーーい !


蒸れないだけでなく、割れない女(母娘)を目指します!

暑いっ、蒸れるなばあちゃん!

今週から、まる姐やんはうらやま入山禁止です。
梅雨が明けてダニが大発生、まるが3歩歩けばダニが付く。


なので、毎夏散歩は日陰がないけど河川敷散歩。


キレイな水がある、はずが
先日の豪雨で川砂と川岸がごっそり流されてしまい、リトル崖っぷちと深い川底へと地形が変化しています。



豪雨前、こんなにキレイな水が浅く流れていたんです。



参ったねー、まる。



貴重な桜の木陰で休憩しながら散歩しよう!



でも、一番不快に暑いのは
ばあちゃんの 紙パンツに尿取りパット


そして、防水シート これ↓

ばあちゃんの大切なところが蒸れっ蒸れっなので


防水シートなし
夜以外は尿取りパットなし(紙パンツのみ)


で週2日ですが緊張感をもってばあちゃん共に蒸れない女を目指します!!






なななんや!
このぽっこりお腹!!

とにかくよく食べるあんよ痛いの痛いのちゃん


安心してください、
まるが河川敷散歩でも、うらやまには行っています。