まる&にゃんとの毎日 ちぃちゃんとばあちゃんも

まる&にゃんの飼い主の頭と心と生活を整理。四角い頭をまるくしたいブログ いろいろ覚書

ちぃちゃんのあんよ❤︎

ちぃちゃんのあんよ❤︎

かわいーーー😍



これ以上かわいい猫いる?

いるねー
みんなのおうちに(笑)





一応の診察と、
12週分の薬を処方してもらってきました。
主治医「傷もキレイ、全く問題なし」


次回12週後の4月、
薬の処方



5月
術後3年の採血・胸部CT・骨シンチー・マンモグラフィー
主治医「早いなぁ、もう3年か〜」
飼い主も昨日そう思ったよ


これから食事に気をつけ4ヶ月後の血液検査でパーフェクトを叩き出すように頑張ります!

おぉーーーーー❤︎

散髪行ってきた



念願のグレーヘア
グレーヘア?


黒白ヘア


すごくイイ❤︎
すっごい似合う❤︎



最後に毛染めをしたのが去年の7月25日
半年で伸びた白髪自毛およそ6cm


汚く残った毛染め部分を全部カットして
なんとも綺麗なまだらの白髪
6cmのショートヘア❤︎





飼い主の白髪頭、まさにこーんな感じ▼


さーてと
明日はすっぴん黒白頭で受診行ってきます🎶

幸せコーナー、そして主治医を好きなった訳

ここを幸せの隅っこという



月曜日に乳腺外科診察予定の飼い主です。
飼い主の病院は田舎のしょぼい(けど最高な)病院なので、乳がんになっても主治医は一人しかいません。
診察は乳腺外科のみ。
手術が終わっても放射線治療が終っても乳腺外科の先生が内服薬も(化学療法も)主治医として診続けます。


というわけで主治医との相性は大切。


最初から失礼なことしか言わず、がんの説明はほぼなしの主治医。


診察も超流れ作業
患者のこと見てんのか?!
みんなに同じことしか言わないんじゃないのか?!


って思っていたのだけど、


ある日(1年くらい前)まる散歩をしていたらセブンの袋を持ったおっさんが通り過ぎて行って『誰かに似てるんだな〜(心の中)』『あっもしかして先生?(声に出てた)』


するともう2~3mくらい先に行っていので聞こえないフリもできたであろう主治医が、振り返って「近くですね、うちもすぐそこなんですよ」と言った。


「はぁそうなんですか?」としか答えなかったけど「じゃあまた〜」と会話が続くわけもなく別れました。


この時『なんかこの先生好きだな〜』って思えました。


まず、顔を覚えていた。
そして、住所も知っていた。


普通だったら「え〜と(誰だっけ?)」となりそうだし、
まる散歩をしていたからといって近くに住んでいるとは限らないから「この近くなんですか?」と聞きそうだし、それを
「近くですね(同じセブン圏内)、うちも(!?)すぐそこなんですよ」と答えてくれるなんて(涙)


患者ひとりひとりをきちんと見てくれてるんだと感動しました。


と言う訳で
診察時間が30秒だろうがなんだろうがこの主治医はちゃんと診てくれていると安心しています。


失礼なことを言う主治医には飼い主もわりと遠慮なくモノが言えるので、3ヶ月ごとの診察には「次は薬の処方の日ね」なんて言うと「違うよー、ちゃんと診察するよ(笑)」と言い返されます。



と言う訳で
月曜は主治医に両胸を触られに行ってきます。
ついでに薬を12週分処方してもらってきます。


と言う訳で
主治医のうちと飼い主のうちは500mと離れていませんってことです。



と言う訳で
きっとどの主治医さんたちも限られた時間のなかでしっかり患者さんたちを診てくれていると信じる次第です。



注)ここでいう好きとは、恋愛系の好きではなくチャラ男Dentist好き❤︎の好き❤︎です。