まる&にゃんとの毎日 ちぃちゃんとばあちゃんも

まる&にゃんの飼い主の頭と心と生活を整理。四角い頭をまるくしたいブログ いろいろ覚書

ボス猫のくろちゃん、病院へ行く。

昨夜は、ボス猫のボー改めくろちゃんが見守りじいさんの元へ保護され一安心。


したところでハタと気付いた
『じいさんは病院へ連れて行くか?』


それより何より
『ノミダニの駆除をするか?』


まる地方には殺人ダニがいて、ダニがじいちゃんを噛むと死んじゃうよ〜っ


もうゆっくりイヴを楽しむどころではなく



朝イチで、うらやま朝ご飯のじいさんに会いに行き、
「ノミダニ駆除と診察で病院へ連れて行きたいんだけど・・・」
と、遠回しに切り出し・・


言ってみると・・「病院に連れて行くのに異存はないし診察代は自分が出す。」と言ってもらいました(ほっ)


一緒に行くか、まる飼い主だけが連れて行くか、
どこまで検査をするか、
最低でもノミダニ駆除だけはして欲しい、
多分2週間効き目のある抗生剤の注射はすることになると思う、
診てもらっても看取りだけになるかもしれない、
などと話し合い、


数年前の血液検査で猫エイズ陽性は分かっている。
通常の血液検査はして欲しい。


ノミダニ駆除の必要はあるか?
   →絶対必要!!


鼻炎の薬を持っているが、抗生剤の注射は必要か?
 →鼻炎の薬を預かって先生に聞いてみる。
  多分、抗生剤を注射することになるだろうけどそれでもいいか?
良い。


まる飼い主だけでみどり先生のところへ連れて行くことになりました。



みどり先生に今までの経緯を話し、診察してもらい
「体重5.1kg」(意外とあるね!)
「見事なボス顔!」
「兎に角ダニの駆除だけはしなければいけない、3ヶ月効き目の続くタイプをする」
「今は風邪の症状が一番酷いので2週間効く抗生剤の注射をする」(予想通り)
「これは鼻炎の薬じゃないよ、サプリだよ(笑)」
「脱水の症状があるから点滴するね」
「貧血の症状もあるけど多分ノミの吸血が原因」
「血液検査は2週間様子を見てから、この抗生剤が効き目があるのか?エイズの発症なのか?食欲が戻らなければ腎不全の可能性もあるから、食欲が戻らなければ年内にもう一度連れて来て」


そして、お支払い
診察代 ¥800-
皮下点滴 ¥1,000-
皮下注射 ¥3,600-
ノミダニ駆除薬 ¥3,600-
消費税 ¥720-
トータル ¥9,720-


うらやま猫活動はお金がかかるよねーー


連れて帰り見守りじいさんに領収と診察の様子の箇条書きメモを渡し、「半額負担してもらえると助かるんですけど・・・」と、とりあえず言ってみた。


見守りじいさん「いいよ、全額出すよ」


「ありがとうございます〜(涙)」と、すぐにお言葉に甘えた。


これからくろちゃんにどれだけのお金がかかるのか?
それとも、2週間後ケロッとうらやま復帰を果たすのか?



朝の見守りじいさんは、きっちり公務員を務め上げた方、そのじいさんが10年以上可愛がり、今までもくろちゃんを保護して看病したりもしてきているので厚かましくもお願いすることができました。


そしてくろちゃんはじいさんちでキャリーケースから出してもらうと、のっしのっし勝手知ったる自分の家風に南の窓辺まで行ってました(安心安心)



おまけ



くろちゃんの後うらやまに登ったら、
かわいい柴犬ちゃんが行き倒れていたので

引きずって連れて帰りました( ^_^)/~~~